2008年4月27日日曜日

長野聖火リレー騒然。チベット国旗と中国旗が入り交じった熱い一日。


【4月26日STN PRESS】
 26日、オリンピック聖火リレーが行われた長野市の沿道をチベット国旗と中国国旗が埋め尽くした。

 在日チベット人は、早朝、長年チベット支援をしている西方寺に立寄り、3月10日以来の犠牲者への法要を行った。その後、リレーの出発点の役目を降りた善光寺へ移動。チベット人代表は住職にタンカを贈与すると、住職は「同じ仏教徒が虐殺されていることを放ってはおけない。あなたたちは、仏の教えを信じ、実行する精神性の高い尊い人々だ」と言って涙を浮かべた。

 善光寺本堂では今回の犠牲者のチベット人、漢人の名前が読み上げられ、法要が一般の参拝者も含めて執り行われた。この法要の施主はステューデント・フォー・ア・フリー・チベット日本の代表者。法要、五体投地、唱名などを通して、仏教の心が根付いたチベット人の姿を日本のマスメディアに知らしめることとなった。

     *         *        *

 サポーターたちは善光寺で平和の祈りを済ませると、デモンストレーションへ出発。この日、警察3000名が出動し、物々しい雰囲気に包まれた長野市内は2〜3000名の中国人が持った国旗で、真っ赤に埋め尽くされた。チベット人とサポーターたちがチベット国旗を掲げて進んでいくと、時折、小競り合いが起こった。ふたつの国旗が入り乱れることになったが、暴力を振るう者はみられなかった。

 チベット人が「フリー・チベット」とシュプレヒコールをあげると、中国人側から「ワン・チャイナ、中国がんばれ」という声が返ってくる。「ウソツキ」という罵声を飛ばす中国人もいれば、話しかけてくる者もいた。
「あなたはチベットを知っていますか?」「チベットに行ったことはありますか?」「チベット語は話せますか?」すべてに「ええ」と答えても、だからといって何を言う訳でもない。こちらから「あなたはチベットを文化と歴史を知っていますか?」と逆に質問しても相手はいっさい答えない。

「私たち中国は50の民族を統治しています」。「そう、中国は武力で統治してる。チベットで人が殺されていることを知っていますか?」という質問に答えることもなく、相手は再び「あなたはチベットを知っていますか?」と最初と同じ質問を機械仕掛けの人形のように繰り返した。

政府から渡されたマニュアル通りの言葉以外の発言は禁止されているようだった。中国人のほとんどは10〜20代の学生で、中国政府が日当数千円で雇ったアルバイトたちだ。

 小競り合いを何回も起こしながら、リレーの終着地点となる若里公園へ11:00に到着。公園内は中国エリアとチベットエリアに分離され、まるで中世の合戦のような格好となった。

 昼過ぎ、雨が降り始めたが、休むことなく「フリー・チベット(チベットに自由を)」「ストップ・ジェノサイド・イン・チベット(チベットでの虐殺をやめろ)」などのシュプレヒコールが続けられた。午後1時過ぎ、向かい側の中国エリアに聖火ランナーが走りこみ、聖火リレーは終了となった。午後2時、土砂降りの雨の中でチベット側の集会は終了した。

 結局、チベット側にリレーに関する情報はいっさい知らされなかった。中国が「ワン・チャイナ」と言うなら、チベット人を本来その列に迎え入れるべきではないか、という疑念が残った。長野市民を参加させず、チベット人とサポーターの日本人を隔離し、中国人に囲まれて行われた長野聖火リレー。98年に冬季オリンピックを開催した長野市が中国に染まったこの日、胡錦濤国家主席来日を控えた日本政府の中国尊重の構図が丸見えとなった。

 セーブ・チベット・ネットワークの呼びかけ人である牧野聖修氏は集まった者たちへねぎらいの言葉を述べ、「私たちには聖火到着について何も知らされることはなかった。今日ここで行われた差別を忘れてはならない。胡錦濤国家主席が来日する5月6日、東京でデモを行うので、参加してほしい」と訴えた。