2008年4月27日日曜日

<速報>聖火リレー。 チベット人約30人と共に。

4月26日、チベット人約30名とセーブ・チベット・ネットワークの牧野氏らは、聖火リレーの行われた長野に赴いた。

貸し切りバス1台で長野に到着したチベット人一行は、西方寺で簡単な法要と休憩をした後、善光寺に向かった。

善光寺では、チベット騒乱で命を落としたチベット人と中国人を追悼する追悼法要が行われた。善光寺側の計らいで、チベット人は最前列に案内された。
堂内を埋め尽くした大勢の参列者は、みな真剣な表情で祈りをささげ、中には、目に涙を浮かべる善光寺高僧の姿も見られた。

法要は厳粛な中にも暖かな雰囲気に包まれた。
「法要のあいだ中、同じ仏教徒であるダライ・ラマ法王やチベット人に対する好意の気持ちが伝わってきました。」と、牧野氏は語る。

善光寺を後にしたチベット人一行は、聖火の通過ポイントに向かった。沿道は、おびただしい数の中国人で埋め尽くされていた。チベット人一行が通ると、中国人から「One China!(中国は一つ)」「ダライ・ラマはうそつきだ!」などの罵声が飛び、チベットの旗を巨大な中国国旗で隠そうとする中国人もいた。これに対し、チベット人が抗議の声を上げるなど、沿道は騒然とした雰囲気に包まれた。

チベット人一行は、中国人に埋め尽くされた沿道を前に進むことができず、ついには警察の誘導で車道を歩いて聖火を追いかけた。しかし、最後まで、チベット人が聖火を目にすることはなかった。

聖火リレーの最終地点では、中国人の群集が到達地点を取り囲むように陣取っていた。後から到着したチベット人一行は、警察に誘導され、到達地点から50m以上も離れた地点に連れて行かれた。気がついたときには、聖火は過ぎ去った後であった。

「この最終地点での対応は、チベット人に対する配慮がまったくなかった。警察や長野オリンピック委員会がチベット人を差別している、と言わざるを得ない対応だった。」と牧野氏は語る。牧野氏は、今回の聖火リレーにおけるチベット人への差別的な対応について、現地で長野オリンピック委員会関係者に抗議の申し入れをした。

「しかし、一般の人々からは、チベットへの応援の声がたくさん聞かれた。ビルの上から声援を送ってくれた人もたくさんいた」

「沿道で、One China!(一つの中国)と叫ぶ中国人たちと、Free TIBET!(チベットに自由を)と叫ぶチベット人たちが出くわすと、面白いことに、圧倒的に数で上回っているはずの中国人の声がだんだん小さくなり、最後は、Free TIBET!と熱く叫ぶチベット人の声だけになってしまうんだ。それは、どこに行ってもそうなんだよ。これこそ、チベットの勝利だ!」と、牧野氏は熱く語った。

聖火リレーが終了すると、中国人応援団は、ばらばらと帰宅の途についた。しかし、聖火リレー終了後も、チベット人達のシュプレッヒコールは延々とつづいた。
どしゃ降りの雨の中、まったく勢いが衰えることなく、「チベットに自由を!」「チベットに宗教の自由を。教育の自由を」と、声をからし、魂の限り訴えるチベット人の声は、聖火リレー終了後1時間以上もつづいた。

最後に演説をした牧野氏は、「今回、チベット問題を訴えたチベット人、聖火リレーでチベット人を応援してくださった日本の皆さん、そして、全国でチベットを支援している皆さん。その思いを、次は5月6日のデモにつなげましょう!!」と締めくくった。


-------------------------------------------------------------------------------------
今回、セーブ・チベット・ネットワークでは、皆さまの身の安全に配慮し、「聖火リレーでチベットの旗を振ろう」、というアクション提案を控えさせていただきました。
それにもかかわらず、大勢のチベット支援の皆様が長野まで来てくださいましたことに、心から感謝しております。どうもありがとうございました!
-------------------------------------------------------------------------------------
※参考: 現在日本に住むチベット人: 約60人 
  (チベット本土から来た中国国籍をもつチベット人を含めると約100名)